学生でも借りれる

金利が上昇して重荷になっている米国の学生ローン

日本では、学生がお金を借りるのは一般的ではありません。
学生がお金を借りるとしても、奨学金などが多く、
銀行や消費者金融の学生ローンはあまり利用されません。

海外ではカード利用が一般的なためローンにも抵抗が少ない傾向

海の向こうにある米国では、日本より学生ローンは一般的です。
日本よりも一般的なことには、いろいろな理由があります。
日本でクレジットカードを使ってショッピングをするのは、
高額な商品に限られます。

しかし、米国ではスーパーマーケットで食料品や日用品を買っても、
クレジットカードを使用します。
テレビや映画でも頻繁に見かけますから、
日本よりもクレジットカードを使うことに抵抗がないのです。

クレジットカードは買い物便利ですが、借金であることと違いはありません。
ですから、米国の国民は日本よりも、お金を借りることに抵抗が少ないのです。
お金を借りることに抵抗が少ない米国の国民は、学生ローンの利用も日本より身近です。

自動車ローンなどを上回り、住宅ローンに次ぐ残高ベースになっているほどです。
学費や生活費のために利用する学生は多く、進学をしたい学生にとっては、
重要な資金源とも言えます。

金利上昇で返済に困る学生が増えている

返済は就職をしてからもできますから、積極的に利用する米国の学生も多くいます。
しかし、最近は金利が上昇したことにより、返済に困る学生も増加しています。
大学の学費は急騰していますから、米国の学生にとってはなくてはならないものです。
金利が上昇した影響によって、現在では学生にとって重荷になっています。